MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療、むち打ちの記事一覧

交通事故後のむち打ちでは色々な症状が出ることがあります

2018.07.18 | Category: 交通事故治療、むち打ち

 

 

 

 

交通事故後のむち打ちでは色々な症状が出ることがあります。

痛みはもちろん、首周辺の重さやだるさ、頭痛、めまい、吐き気、手のしびれといったような様々な症状がでることがあります。また、その症状も事故後すぐに出る場合と数日~1週間くらい経過してから出る場合があるので注意が必要です。

交通事故を起こしたら、痛みがあってもなくても一度は病院を受診してその後症状が出なければ良いのですが、痛みなどの症状が出るようでしたらそのまま治療を継続するかまたは接骨院でも事故後の施術はできますので、しっかりと治療されることをおすすめします。

 

早めにしっかりと治療を行った方が後々症状が残らず回復することが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・首から肩にかけて違和感が出てきた場合

・テーピングを希望の方は遠慮なくスタッフまでお伝えください

・普段使っていない筋肉を急に使いだすと腰痛などを起こす場合があります

 

交通事故でのむち打ちの治療は病院から接骨院に転院することもできます

2018.04.24 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故でのむち打ちの症状で悩んでいらっしゃる方は多いかと思います。一般的にむち打ちの症状は痛みがとれるまでに時間がかかることが多いです。

それなのでしっかり治療することが重要になってきます。病院や整形外科に通院していてなかなか症状が改善しない場合、接骨院や整骨院に転院することもできます。

また、自賠責保険を使用した場合は整形外科に通院しながら接骨院でも治療を受けることができます。むち打ちはしっかり治療をしておかないと後々まで症状が残ってしまうこともあります。

来院される患者さんで「毎年梅雨時になると首に痛みがでるんです」、または「数年前にむち打ちをしたのですが、毎年冬になると首に違和感がでます」といったようなことを話される方もおります。

 

自賠責保険はある程度期間が限られているので、なるべく通いやすい場所で、しっかりとした治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・仕事の内容が変わると腰痛や膝痛、手の痛みなどが新たに出てくる場合があります

・交通事故後のむち打ちの症状は後から出ることもあります

・ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

 

交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

2018.03.14 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故でのむち打ちなどの症状で悩んでいる方は結構いらっしゃるかと思います。

通院していて症状が回復していけば良いのですが、なかなか改善がみられない場合や通院するのがすこし遠かったり受付時間に間に合わないなど何か不都合がある場合など、転院することは可能です。

また、健康保険を使っての治療では話が別になりますが、自賠責保険を使っての治療では病院や整形外科に通院しながら接骨院の施術を受けることも可能です。

交通事故後のむち打ちなどの症状は比較的回復に時間がかかることが多いです。それなので、自宅や職場から近いなど、または受付時間に間に合いやすいなど通院する環境を整えることも大切になってきます。

 

それで、症状に合った適切な治療をしっかりと受けることにより、症状の回復は早まってきます。

後々まで症状を残さないためにも、何か通院で不都合がある場合は転院することも検討してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・五十肩はやたら動かしてしまうと悪化することもあります

・腰痛など傷めた方ですこし日にちが経ってから来院される方が・・・

・足の痛みは腰が原因となって出ていることもあります

交通事故後のむち打ちの症状は後から出ることもあります

2018.03.09 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故を起こしてしまった場合、むち打ちや腰痛など症状がすぐに出る場合もありますが数日が経過してからでることもあります。

交通事故を起こした場合、警察に届け出て保険会社に連絡するかと思いますがその後、痛みなど症状のある場合は病院や整形外科を受診されるかと思います。

逆に痛みや違和感など症状がない場合は病院など医療機関を受診されない方もいらっしゃいます。もちろんそのまま症状が出ないで終わることもありますが、特にむち打ちは数日から数週間が経過してから出る場合もあります。

事故直後に医療機関を受診しないで、数週間後に症状が出てから病院等を受診される方もおりますがその場合は、その症状が事故の影響で出たのかその後の日常生活での負担によって出たのかはっきりしない場合も多く、自賠責保険が適用にならないことがあります。

 

その場合、治療をすることはできますが自賠責保険が使えないため健康保険を使うことになり、患者さんの窓口負担は普通に怪我をしたときと同様に発生します。

ですので、事故を起こして症状がないとしても病院や整形外科を受診して一度診察を受けることをおすすめします。その後、症状が出なければそれで終わりにして良いですし出てきた場合でもそこから治療を続けることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・骨盤周辺につまった感じや違和感がする場合

・階段の上がり下りで鼠径部を傷めることもあります

・やはり年齢とともに回復は遅くなります

 

交通事故でのむち打ちの治療はしっかりとした治療が必要です

2018.02.23 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故後のむち打ちや痛みなどの症状は辛いですよね。病院などでX線の検査をして異常がなかったとしても、首の痛みやだるさ、頭痛や手のしびれなど症状がある場合は多いですよね。

交通事故での衝撃は強いため、損傷する軟部組織も日常生活で怪我をする時より深部の組織を損傷することが多いです。そのため一般の怪我とは違って回復するのに時間がかかることが多いです。

なので、その症状に応じて適切なしっかりとした治療が必要になってきます。

 

働いている方などはあまり治療に通う時間がとりにくいかと思いますが、交通事故後の治療は接骨院でも受けることができますので、職場や自宅から近いなど通いやすい環境を整えしっかりと治療されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・交通事故で助手席に乗っていた場合の窓口負担は?

・ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

・シートベルトを引くときに肩に痛みが出る場合

 

交通事故で助手席に乗っていた場合の窓口負担は?

2018.02.13 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故は自分で車を運転している以外にも、知人や友人が運転していて自分は助手席に乗っている時でも事故を起こしてしまう場合はありますよね。

その場合でむち打ちなど怪我をしてしまったとき、保険が適用になるのか分からない方もいらっしゃるかもしれません。助手席でも後部座席でも基本的に保険が適用になるので、患者さんの医療機関での窓口負担はありません。

むち打ちなど交通事故による怪我は回復に時間がかかることが多いですが、運転者でなく助手席や後部座席に座っている同乗者の方のほうがかえって負傷のダメージが大きいことが多いです。

 

運転者の場合は比較的視覚に入ることが多いため構えることができますが、助手席、特に後部座席に座っている方は視覚に入らずに身構えることもできずに不意に事故の衝撃を受けることが多いです。なので、損傷度合いが大きいことが多くなおさら回復に時間がかかります。

後々まで症状が残らないようにするためにも、適切な治療をしっかりと受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・骨盤周辺につまった感じや違和感がする場合

・腰痛やぎっくり腰を起こした場合、早めに治療をした方が回復も早いです

・ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

交通事故後の治療は接骨院に転院することもできます

2018.02.08 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故後の症状で悩んでいる方は結構いらっしゃるかと思います。特にむち打ちなどの症状は回復するのに時間がかかることが多いです。

「後々まで症状が残ってしまうのでは・・・」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、症状に合った適切な治療をしていけば全てはとは言えませんが大半のものは回復していきます。

病院や整形外科で治療を受けている方も接骨院に転院したり、または併用して治療を受けることも可能です。

 

しっかりと適切な治療を受けるためにも、自宅や職場から近いなど通いやすい治療院を選ぶことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・階段の上がり下りで鼠径部を傷めることもあります

・ぎっくり腰や腰痛を起こした時、ソファーに座ることはあまりおすすめできません

・シートベルトを引くときに肩に痛みが出る場合

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和