MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療、むち打ち > 交通事故でのむち打ちの治療は病院から接骨院に転院することもできます

交通事故でのむち打ちの治療は病院から接骨院に転院することもできます

2018.04.24 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故でのむち打ちの症状で悩んでいらっしゃる方は多いかと思います。一般的にむち打ちの症状は痛みがとれるまでに時間がかかることが多いです。

それなのでしっかり治療することが重要になってきます。病院や整形外科に通院していてなかなか症状が改善しない場合、接骨院や整骨院に転院することもできます。

また、自賠責保険を使用した場合は整形外科に通院しながら接骨院でも治療を受けることができます。むち打ちはしっかり治療をしておかないと後々まで症状が残ってしまうこともあります。

来院される患者さんで「毎年梅雨時になると首に痛みがでるんです」、または「数年前にむち打ちをしたのですが、毎年冬になると首に違和感がでます」といったようなことを話される方もおります。

 

自賠責保険はある程度期間が限られているので、なるべく通いやすい場所で、しっかりとした治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・仕事の内容が変わると腰痛や膝痛、手の痛みなどが新たに出てくる場合があります

・交通事故後のむち打ちの症状は後から出ることもあります

・ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和