MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢

2017.12.16 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

ぎっくり腰や腰痛を起こしたときの寝る姿勢はどの姿勢が良いのかと考えてしまう方がいらっしゃるかと思います。

ぎっくり腰や腰痛は私も何度か経験したことがありますが、辛いですよね。それで夜、寝るときはどのような姿勢が負担が少ないかといいますと、基本的には痛みが一番少ない姿勢がベストです。

痛みは体からの危険信号になりますので、損傷した患部に負担がかかると「痛み」という信号を発します。

それでも、仰向けやうつ伏せの姿勢は重力の関係で背骨の生理的な湾曲であるS字状のカーブが崩れることになりますので、負担が大きいです。また、腰の左右どちらかに痛みがある場合では、横向きに寝るとき痛いほうを下にしてしまいますと重みの関係で負担がかかりますので、痛いほうを上にする方が負担が少ないです。

 

なので、寝るときは横向きで痛い方を上にして寝ると負担が少ないと大まかには考えられます。しかし、腰部や背部、骨盤についている筋肉は数多くあり、同じ筋肉内の損傷であったとしても上下左右の場所が違ったりすると負担がかかる姿勢や角度も変わってきます。

ですので、大まかには横向きで痛いほうを上にして寝る姿勢が良く、それを頭に入れた上で一番痛みが少ない向きや角度を探してもらうと負担や痛みが少ない理想の姿勢が見つかると思います。

ぎっくり腰や腰痛を起こして寝る姿勢で迷っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

 

このような記事も読まれています

・膝の痛みが強い場合は・・・

・ローラーに乗りたい方は遠慮なくスタッフまでご相談ください

・腰痛やぎっくり腰は朝起き上がる時の痛みが一番強いかもしれません

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和