MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > 腰痛やぎっくり腰は朝起き上がる時の痛みが一番強いかもしれません

腰痛やぎっくり腰は朝起き上がる時の痛みが一番強いかもしれません

2017.12.06 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

腰痛やぎっくり腰で悩んでいる方は多いかと思います。特にぎっくり腰では普段の日常生活でも、顔を洗ったりズボンや靴下を履いたり、イスの立ち座りといったような動作でも支障が出てくる場合が多いです。

その中でもとくに朝、寝床から起き上がる動作が一番辛いかもしれません。

来院される患者さんでも「数日前にぎっくり腰になりましたが、朝起きるのが痛みが強くて一番つらいです」、または「ぎっくり腰になって安静にしていたら痛みはずいぶん引いたのですが、朝起き上がる動作だけがつらいです」といって来られる患者さんもいらっしゃいます。

人間は寝ている間は活動をしないため体温が下がり血流は悪くなります。それでいて、寝ている間は同じ姿勢でいる時間が長く筋肉や関節は一時的に硬くなりがちです。

そのため、朝急に体を動かそうとすると痛みを強く感じる場合が多いのです。でもその場合は、少し動き出して体が温まってくると緩和することが多いです。

 

ですので、急に起き上がろうとすると痛い目に合うので、寝床で寝たまま手や足から始まり順に膝、肩、上半身、下半身といったように少しづつ動かしていき、体がすこし温まってからゆっくりと起き上がることをお勧めします。

その方が、痛みは強く出るかもしれませんが急に起きる時に比べると、少し楽になるのではないかと思います。

腰痛やぎっくり腰になり朝起き上がる時に辛い思いをされている方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

このような記事も読まれています

・寒くなるとコタツから動きたくなくなるかもしれませんが、腰痛には注意してくださいね

・交通事故でのむち打ちは低気圧や台風が近づいたら症状が悪化する場合があります

・肩を傷めた時、負担の少ない服の脱ぎ着の仕方があります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和