MENU TEL

Blog記事一覧 > 肩こり・頭痛・五十肩・肩の痛み > 肩を傷めた時、負担の少ない服の脱ぎ着の仕方があります

肩を傷めた時、負担の少ない服の脱ぎ着の仕方があります

2017.10.14 | Category: 肩こり・頭痛・五十肩・肩の痛み

布団を干したり、何か物を取ろうとしたときなど日常生活でのちょっとした動作で肩を傷めることがあります。

 

来院される患者さんでも「買い物をして2ℓのペットボトルが何本か入った段ボールを持った時肩に痛みがでました」、または「浴槽を洗っていたら肩に違和感が出てきました」といって来られる方がいらっしゃいます。

 

肩はそのような日常生活での些細な動作でも損傷しやすいです。また、関節の可動域が広く生活をする上で何かと使わないわけにはいかないと思いますので、治りも比較的時間がかかることが多いです。

痛みが軽い場合はそこまで気にならないかと思いますが、痛みがそれなりに強い場合は洋服の脱ぎ着で苦労される方は多いかと思います。

 

肩を傷めた場合、服を着るときは痛い方の腕から袖を通し、次に痛くないほうの腕の袖を通す。逆に脱ぐときは痛くない方の腕から脱ぎ、最後に痛い方の腕を脱ぐといったような順序で行えば肩にかかる負担は少ないので痛みはすこし軽減されるかと思います。

 

たかが洋服の脱ぎ着と思うかもしれませんが、着替えの動作は毎日避けられないと思います。

肩を傷めて服の脱ぎ着が辛いと感じている方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

このような記事も読まれています

・寝違えや筋違い起こした時、マッサージはしない方が良いです

・肩を傷めた時、回したり動かした方がよいか?

・腰痛やぎっくり腰を起こした直後はお酒等を控えた方が良いです

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和