MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院・整骨院 > 足の痛みは腰が原因となって出ていることもあります

足の痛みは腰が原因となって出ていることもあります

2018.03.12 | Category: 接骨院・整骨院

足やふくらはぎ、太ももなどに痛みや重さ、だるさといったような症状が出ることがあります。もちろん、その症状がその足やふくらはぎ、太ももの筋肉が炎症を起こしたりして出ている場合もありますが、たまに腰や股関節周辺の筋肉が原因となって出ることもあります。

不良姿勢であったり知らず知らずのうちに持続的な負担をかけて、腰や股関節周辺の筋肉を傷めることがあります。そうすると筋肉が炎症を起こして腫れたり、緊張して固くなったりして周辺の神経を刺激して足に症状がでる場合があります。

来院される患者さんで「すねに痛みが出ているのですが、なかなか改善しません」、または「太ももに痛みがでて自分でストレッチを行っていたのですが治りません」と言って来られる方もいらっしゃいます。

 

そのような患者さんに、詳しく話を聞き触診したり調べているうちに原因が今痛みが出ている場所ではなくて、腰や股関節周辺の筋肉が原因となっている場合があります。

この場合はいくら痛みが出ている場所だけ治療していても、症状は改善していきませんので根本的な原因となっているところもいっしょに治療をしていきます。このように根本的な原因となっているところを突き止めて治療することによって改善していく症状は多いです。

ただ、時間が経過すればするほど回復は遅くなります。ですので、痛みが出てきたら自己判断せずに早めに適切な治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・階段の上がり下りで鼠径部を傷めることもあります

・腰痛やぎっくり腰を起こした場合、早めに治療をした方が回復も早いです

・五十肩はやたら動かしてしまうと悪化することもあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和