MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 普段使っていない筋肉を急に使いだすと腰痛などを起こす場合があります

普段使っていない筋肉を急に使いだすと腰痛などを起こす場合があります

2018.05.24 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

運転免許を返納して急に歩くことが多くなったり、趣味で畑仕事を始めたりと今まで使わなかった筋肉を急に酷使することで腰痛などを起こす場合があります。

来院される患者さんで「免許を返納してから歩いて買い物に行くようになって、2ℓのペットボトルを数本購入して帰宅するとそのころには腰痛がでていました」、または「運動不足だったので、3日前から毎日2キロのウォーキングを始めたら腰に痛みが出てきました」といって来られる患者さんがおります。

このように今まで使っていなかった筋肉を急に酷使することにより、筋肉に負担が徐々に溜まっていきしまいには耐えきれずに炎症を起こすことがあります。

なので、予防としては一気に負荷をかけるのではなく徐々に負荷を強くすることをお勧めします。買い物なら一度にたくさんの品物を購入するより、1回の量は減らして買い物に行く回数を増やすなど、ウォーキングであるなら最初の数日は1㎞に抑えておくなどといったように少しでも負担を軽めにすることが理想です。

 

また併せて筋肉や関節は硬くなりがちなので、日ごろからストレッチや体操を行って関節や筋肉を柔らかくしておくことも予防につながります。

それでも腰痛など痛みが出てきてしまった場合は、我慢せずに早めに接骨院などの治療院で施術を受けることをおすすめします。

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・当院は予約制ではありませんので、ご都合の良い時間帯に来院ください

・交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

・骨盤周辺につまった感じや違和感がする場合

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和