MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療・むち打ち > 交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

2018.03.14 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故でのむち打ちなどの症状で悩んでいる方は結構いらっしゃるかと思います。

通院していて症状が回復していけば良いのですが、なかなか改善がみられない場合や通院するのがすこし遠かったり受付時間に間に合わないなど何か不都合がある場合など、転院することは可能です。

また、健康保険を使っての治療では話が別になりますが、自賠責保険を使っての治療では病院や整形外科に通院しながら接骨院の施術を受けることも可能です。

交通事故後のむち打ちなどの症状は比較的回復に時間がかかることが多いです。それなので、自宅や職場から近いなど、または受付時間に間に合いやすいなど通院する環境を整えることも大切になってきます。

 

それで、症状に合った適切な治療をしっかりと受けることにより、症状の回復は早まってきます。

後々まで症状を残さないためにも、何か通院で不都合がある場合は転院することも検討してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・五十肩はやたら動かしてしまうと悪化することもあります

・腰痛など傷めた方ですこし日にちが経ってから来院される方が・・・

・足の痛みは腰が原因となって出ていることもあります

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和