MENU TEL

寝違えの対処法

2017.09.04 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

昨日まで何も感じなかったのに、今朝起きたら首に違和感を感じる、または肩甲骨周辺に痛みを感じるといったような症状が出た場合、それは寝違えを起こしている可能性があります。

寝違えを起こしたら痛みが出ると思う方は多いかと思いますが、程度が軽ければ違和感の場合もありますので注意が必要です。

 

寝違えを起こしたらどうしたらよいか?寝違えの対処法について書いてみたいと思います。

来院される患者さんでも、早く少しでも良くなりたいがために自分で首のストレッチやマッサージをされる方もいらっしゃいます。

 

寝違えは筋肉を損傷して炎症を起こしている状態です。

ですので、このような事をしてしまうと症状が悪化するか、悪化しない場合でも回復まで長引くことが多いです。前日までは何ともなかったのに、朝起きたら首や肩甲骨周辺に痛みや違和感が出ていた場合は、自分で押したり揉んだりストレッチしたりなどということはしない方が無難です。

 

また、どこまで首を曲げると痛みが出るかなといったような確認動作もされる方が結構いらっしゃいますが、これも症状が悪化する可能性があるため気にはなると思いますが、避けた方が良いです。

 

要するに安静にして傷めたところに冷湿布を貼って置くだけにした方が、患部をこじらせることがないので回復も早まります。

その上で、時間があるなら接骨院などの治療院で適切な治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・臀部の痛みには様々なものが原因となって起こります

・交通事故後のむち打ちなどの治療には自賠責保険が適用になります

・ぎっくり腰や腰痛を起こした時、温泉やお風呂には入ってもよいか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和