MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 歩いていて踵や足の裏に痛みが出る場合、それは足底筋膜炎かもしれません

歩いていて踵や足の裏に痛みが出る場合、それは足底筋膜炎かもしれません

2015.09.02 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

足底筋膜炎というとあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この症状で来院される患者さんはそれなりにいらっしゃいます。

 

バスケットボールやサッカーなどスポーツをしている方はもちろん起こしやすいですが、スポーツをしてない方でも仕事で長時間立っている、または階段の上がり下りが多い、長距離歩くことが多いといったような動作でも発症します。

 

足底筋膜に繰り返しの負担がかかることによって微小断裂を起こし炎症を起こします。

症状としては、腫れや押した時の痛み、安静時や歩行時、また朝起きてからの歩き出しの一歩で痛みがでるといったようなものまであります。

 

来院される患者さんの中には、自分でストレッチやマッサージをされる方もそれなりにいらっしゃいます。しかし、この症状は足底筋膜を損傷して炎症を起こしていますので、ストレッチやマッサージなどを行ってしまうと症状が悪化、または回復が長引くことが多いです。

 

ですので、足の裏に痛みがでたら冷湿布などで一時的にしのいで、早めに接骨院などの治療院を受診して適切な治療を受けることをおすすめします。

足底筋膜炎は治療をすれば比較的早く回復する症状でもありますので、放置せずに早めに治療を行うことが理想です。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰や腰痛を起こした場合の寝る姿勢

・寝違えを起こして1ヶ月経過しても治らない場合

・長時間パソコン作業をしていて、姿勢を変えるときに筋肉を傷めることがあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和