MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害・捻挫・肉離れ・膝痛 > 寝違えを起こして1ヶ月経過しても治らない場合

寝違えを起こして1ヶ月経過しても治らない場合

2017.07.28 | Category: スポーツ障害・捻挫・肉離れ・膝痛

寝違えは大体の方は起こしたことがあるかと思います。

前日までは何ともなかったのに朝起きたら首~肩に痛み、または違和感がある。といった場合は寝違えを起こしている可能性が高いです。

 

程度が軽いものならば、安静にしていれば数日で回復するものもあります。逆に1ヶ月経過しても完全に治らない場合もあります。

 

数週間から1ヶ月経過しても治らない場合は何かしら回復を阻害する原因があります。

①自分で痛めた場所をマッサージしたりストレッチをしたりしている

②お風呂のお湯に浸からずにシャワーで済ましている

③横を向いたりして、どれくらいで痛みが出るかなど頻繁に確認している

④患部周辺の筋緊張が強くなり、患部への血流が悪くなったとき

 

回復を阻害する原因で多いものをざっと4つ程書いてみました。寝違えを起こしてなかなか回復しない場合で上記に当てはまる場合は、それを改善するだけで回復していくこともあります。

 

上記の事を改めても回復しない場合や治らない原因がよく分からないは、放置せずに早めに整形外科などの医療機関や接骨院などの治療院を受診することをお勧めします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和