MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > ぎっくり腰や腰痛を起こす手前の「張っている感じ」は傷めている可能性があります

ぎっくり腰や腰痛を起こす手前の「張っている感じ」は傷めている可能性があります

2018.11.26 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

来院される患者さんで「ぎっくり腰をする手前の張ったような感じが強いんです」、または「部屋の片づけで家具を移動させてから腰の張った感じが強くなりました」といったような症状を訴えて来られる方がいらっしゃいます。

自覚症状としては、「普段使わない筋肉をつかったから疲れが出たのかな」と思う方も多いかと思います。確かにそのように普段使わない筋肉を使ったがために疲労感が出ることもあります。

 

しかし、何かをした後に比較的早い段階で張っている感じが出てきた場合は、腰の筋肉などの軟部組織を損傷している可能性が高いです。

「張った感じが出たので、ストレッチをしっかりやったのですが今度は痛みが出てきました」と言って来院される方もいらっしゃいます。「張っている感じ」=「疲労」ではありません。筋肉を損傷して炎症を起こし始めている場合もあるということです。

 

なので無理なストレッチや自己流のマッサージは症状を悪化させ、治りを遅くしてしまう可能性もあるため何もせずに安静にしていた方が無難です。

そしてなるべく早めに接骨院などの治療院で適切な施術を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・長時間、車の運転をしていると腰痛になることがあります

・ぎっくり腰になる手前の違和感が出てきた場合

・抱っこ紐で少しでも腰痛やぎっくり腰を予防するためには?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和