MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > 寒くなってくると腰痛やぎっくり腰を起こしやすくなります

寒くなってくると腰痛やぎっくり腰を起こしやすくなります

2018.10.09 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

10月も中旬が近づき徐々に朝晩の気温も下がってきました。こう少し寒くなってくると腰痛やぎっくり腰を起こす方が増えてきます。

寒くなってくると全身を巡る血流も悪くなり、筋肉や関節は固くなりがちです。それに加えてデスクワークや長時間の車の運転、重いものを運ぶなど仕事ではもちろん負担がかかりますが、座っていたり立っていたり、掃除機をかけたりといったような日常生活での姿勢や動作でも腰に負担は蓄積されていきます。

 

なので普段からしっかりと休息を取ったり、軽い運動や体操、ストレッチなどをして筋肉や関節の柔軟性を高めておくことが大切になってきます。

ぎっくり腰や腰痛は治療をしていけば治りますが、なるべくだったらなりたくないですよね。

 

ラジオ体操やウォーキングなどでも予防には十分に効果がありますので、たまにではなく可能なら続けることが理想です。

また、予防していても腰痛やぎっくり腰を起こしてしまった場合は、我慢せずに早めに接骨院などの治療院で治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰になる手前の違和感が出てきた場合

・寝違えを放っておくと頭痛が出てくることもあります

・交通事故後のむち打ちでは色々な症状が出ることがあります

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和