MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療、むち打ち > 交通事故でのむち打ちは早めの治療が大切になってきます

交通事故でのむち打ちは早めの治療が大切になってきます

2015.09.16 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故でのむち打ちで、症状が長引いたり数年経過しても痛みが残っている場合があります。

来院される患者さんの話で「前にむち打ちをしてから、首の違和感が完全に取れないのですが・・・」、または「数年前にむち打ちをしてから毎年梅雨の時期になると、首に痛みがでるんです」と言われる方がいらっしゃいます。

 

どちらの場合も、治療の開始が遅かったり仕事の関係でなかなか通院できなかったりと、しっかりと治療を受けることができず完全に治ってないことが考えられます。

 

交通事故でのむち打ちは、衝撃が大きいことから深部の組織を損傷しやすいです。なので、日常生活で起こる打ち身や捻挫、打撲等の怪我とは違って同じ治療をしていても全てではありませんが回復に時間がかかることが多いです。

 

むち打ちの症状としては、首~背部にかけての違和感や痛み、頭痛やめまい、吐き気、しびれなど色々なものがあります。

交通事故を起こした直後から症状が出る場合が多いですが、なかには数日が経過してから症状が出るものもあります。

 

ですので、たとえ最初の症状が軽くても早めに病院や整形外科、または接骨院でも治療はできますので受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

早い段階から適切な治療をしっかり受けることにより早期の回復につながり、また後々症状を残す確率もずいぶんと減ってくると思います。

 

 

 

このような記事も読まれています

・当接骨院では矯正治療に力入れております

・ぎっくり腰になった時は腰痛ベルトをした方が良いか?

・腰痛になった場合は座椅子より椅子に座ることをおすすめします

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和