MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > 腰痛になった場合は座椅子より椅子に座ることをおすすめします

腰痛になった場合は座椅子より椅子に座ることをおすすめします

2017.03.18 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

腰痛になった場合は座椅子より椅子に座ることをおすすめします。

こんにちは。栃木県宇都宮市にある柴﨑接骨院です。

腰痛になってしまった場合、いつもより少し動きを控えて安静にする方は多いかと思います。

 

自宅にいる時は座っている時間が長くなると思いますが、あぐらや座椅子などで床に座るよりも椅子に座っていた方が腰にかかる負担は少ないです。

あぐらの姿勢になると腰椎の生理的湾曲である前弯が崩れ腰に負担がかかります。

 

また座椅子を使って長座の姿勢になっていても、椅子に座っている姿勢より体のバランスが取りづらいため腰に負担がかかりやすくなります。

 

腰痛の痛みの程度が強い場合は、椅子に座っていても辛いと思います。その場合は椅子に座る姿勢よりも横になって寝転がる姿勢が腰にとって一番負担が少ないので、痛みが強い場合はゴロゴロ寝転がっていることをおすすめします。

 

軽い腰痛ならそのように安静にしているだけで治る場合もありますが、程度がすこし強い場合などは安静にしているだけより治療院等で治療を受けた方が早く回復していきます。

 

ですので腰痛を発症したら整形外科などの医療機関、または接骨院や整骨院などの治療院で適切な治療を受けることをお勧めします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和