MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院・整骨院 > 足底筋膜炎の症状がなかなか治らない場合

足底筋膜炎の症状がなかなか治らない場合

2019.08.23 | Category: 接骨院・整骨院

「朝起きた時の歩き出しに踵に強い痛みが出る」、「椅子から立ち上がって歩き始める時に踵が痛む」といった症状の足底筋膜炎ですが、治る経過は比較的緩やかで少し時間がかかる事が多いです。

 

それで、たまに患者さんで来院される方がいらっしゃいますが、足底筋膜炎の治療をしているのになかなか治らない場合、それは坐骨神経痛の症状の場合もあります。

症状の出方や出る場所も似ているので分かりにくいのですが、その場合は腰の筋肉硬さや関節のゆがみが生じていることが多いです。

 

それなので、その場合は腰の治療をしていけば症状はおのずと改善していきます。しかし、どちらの症状にしても放置すればするほど回復に時間はかかってしまいます。

足の痛みがなかなか引かない、または足底筋膜炎だと思うけどなかなか改善しないと悩んでいる方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

部活動やスポーツでの怪我もしっかり施術していきます

一人一人の患者さんをしっかりと施術していきます

ぎっくり腰や腰痛を起こす手前の「張っている感じ」は傷めている可能性があります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和