MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 捻挫をしたときは湿布とサポーターのどちらがよいですか?

捻挫をしたときは湿布とサポーターのどちらがよいですか?

2019.03.05 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

「捻挫をしたときは湿布とサポーターのどちらがよいですか?」といった内容の質問を来院される患者さんから受けることがあります。大方は「捻挫をした直後で、自宅で自分で対処する方法としてはどうしたらよいか?」という意味が含まれていると思うのですが。

捻挫とは手首や足首などの関節をひねって、靭帯などの関節を構成する組織を損傷したことをいいます。

 

結論から言いますと、捻挫した直後は湿布の方が良いです。捻挫をした直後は傷ついた組織から出血して炎症を起こし徐々に腫れが出てきます。なので、この時にサポーターをして患部またはその周辺を締めつけてしまうと、痛みがかえって強くなる可能性があります。

 

サポーターは関節を固定して動きを制限する意味ではよいので、スポーツなどの大会や試合で痛みを我慢してでなければならない時など、一時的に患部を保護する意味では有効です。しかし、サポーターを長時間つけたままにしていると、やはり血流が悪くなり損傷した組織の回復が遅くなりますので長時間つけることはあまりおすすめできません。

 

そういった意味合いでも、捻挫をした直後は冷湿布の方が良いです。また、氷やアイスノンなどで患部を冷やすことも効果的です。でも、これはあくまで応急的な処置なので、早めに治すためにも接骨院や整骨院などの治療院で適切な施術を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・接骨院や整骨院でも交通事故での治療を受けることができるのですか?

・治療は早い方が早く治ることが多いです

・腰痛を起こした時、早めの筋トレや運動は症状が悪化しやすいです

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和