MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 腰痛を起こした時、早めの筋トレや運動は症状が悪化しやすいです

腰痛を起こした時、早めの筋トレや運動は症状が悪化しやすいです

2019.02.15 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

今日は本当に気温が上がりませんでしたね~。室内にいても何だか寒い感じがしたくらいです。患者さんの話によると、千葉や東京の方は雪が降っていただとか・・・(汗)

この辺もお昼あたりから少し厚めの雲が出ていたので、その南の方の雪の影響があったのでしょうかね。

 

さて、こう寒いと腰痛やぎっくり腰を起こす患者さんが増えます。寒いとどうしても筋肉や関節は固くなりますので、仕方がないと言ってしまえばそれまでなのですが・・・。

腰痛やぎっくり腰で来院される患者さんで、治療してから2,3日が経過してすこし楽になってきたからといってジムでランニングや軽い筋トレをされる方も中にはいらっしゃいます。

そういった患者さん全員ではありませんが、「症状が悪化しました」、または「楽になるかと思ったのですが痛みが強くなりました」と言われ、悪化する方が多いです。

 

早く治したいがためにだと思いますが、受傷してから日が浅いうちに筋トレや運動、マッサージ等は症状が悪化する可能性が高いです。

なので、早く治すためにも症状がある程度落ち着いてから、または担当してくださっている先生から了承が得られてから始めることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・灯油の入ったポリタンクを持つときは腰痛やぎっくり腰に注意が必要です

・同じような症状でも年齢が上がるにつれ回復は遅くなることが多いです

・腰痛になった時、ベルトをした方がいいでしょうか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和