MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 灯油の入ったポリタンクを持つときは腰痛やぎっくり腰に注意が必要です

灯油の入ったポリタンクを持つときは腰痛やぎっくり腰に注意が必要です

2019.01.30 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

もう少しで寒が明けますがまだ大寒なので、朝方の気温はずいぶん下がっています。近年はエアコンも省エネになり電気代も安くなっているようです。

ですが、暖かいので石油ストーブや石油ファンヒーターを使っている方もけっこういらっしゃるのではないかと思います。暖かくて良いのですが、問題は灯油を入れ替える時や灯油を購入した時にポリタンクを持つときです。

 

購入時は18ℓを入れる方も多いと思いますが、灯油の消費量が多い家庭では18ℓが入るポリタンク2つに入れて持ち帰られる方も見かけます。これがまたけっこう重いです。男性でも大変だと思うので、女性だとよりそのように感じるかもしれません。

時期的にも寒いので筋肉や関節は硬くなっています。毎年必ず数人は灯油を運んだ時にぎっくり腰や腰痛になり患者さんで来院されます。

 

予防には筋力をつけておくか筋肉や関節の柔軟性を高めておく他にはありません。寒いのでなかなか体を動かす気分には慣れないかと思いますが、すこしでも予防するために日頃から体操やストレッチをすることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・交通事故での治療では自賠責保険が使えます

・デスクワークが多い方は腰痛やぎっくり腰になりやすいです

・こたつに座る時はどのような姿勢が腰痛になりにくいか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和