MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院・整骨院 > 履きなれない靴で出掛けた後に、足に痛みがでる場合があります

履きなれない靴で出掛けた後に、足に痛みがでる場合があります

2018.03.22 | Category: 接骨院・整骨院

買い物や遊びなど出掛ける時に新しい靴など履きなれない靴を履いていくこともあるかと思います。

そしてそのお出かけをしている時に歩いていても特に痛みなど感じないため、余計に長く歩いてしまう場合もあると思います。それでその晩や翌日になって足がつったり、痛みが出てくるケースもあります。

来院される患者さんで「昨晩、久しぶりに足がつってそれから痛みが残るのです」、または「昨日出掛けて帰ってきてから足の痛みがでてきました」などと言って来られる方もいらっしゃいます。

普段履きなれない新しい靴やヒールの高さがいつもと違っていたりすると、重心が変わったりして普段使わないような筋肉を酷使することになります。そのような筋肉はその負荷に耐えられるだけの耐性をもってないことが多く傷めて炎症を起こしやすいです。

 

ですので、普段からの筋力トレーニングやストレッチなどで筋肉を柔らかくしておくことも予防になります。

また、普段はできなくても新しい靴を履いて出掛ける時などは事前に入念に足のストレッチをしたり、帰ってきてからでもよいのでストレッチやマッサージをすることによって少しでもそのような症状は軽減するかと思います。

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・足の痛みは腰が原因となって出ていることもあります

・交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

・五十肩はやたら動かしてしまうと悪化することもあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和