MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院・整骨院 > 小さいお子さんの手を強く引っ張ると肘が抜けることがあります

小さいお子さんの手を強く引っ張ると肘が抜けることがあります

2017.11.10 | Category: 接骨院・整骨院

何かの拍子で小さいお子さんの手を強く引っ張った時、肘が外れる場合があります。

「肘内障」と言われ肘の関節が外れかけて、痛みのため肘の曲げ伸ばしができなくなる状態をいいます。5歳くらいまでのお子さんに多く、痛みのため腕をだらんと垂らした状態になり、中には激しく泣きわめく子もいます。

強く手を引っ張った時にも起こりますが、転んで手をついた時や寝返りをしたときに起こることもあります。

来院される患者さんで「不意に子供の手を引っ張ったら、急に泣き出し手を全然使わなくなりました」、または「寝返りをしたら急に激しく泣き出し、手をだらんとして動かさなくなりました」といって来られる方がたまにいらっしゃいます

 

肘内障になったらしっかり整復することが必要になってきます。しっかり整復できれば、またすぐに手を使えるようになります。

肘が抜けたかなと思ったら、病院や整形外科などの医療機関はもちろん接骨院でも施術をすることができますので、その時はお早めにご相談ください。

また、予防としてお子さんの手を引く時は手を引っ張るのではなく、なるべくなら腕を引っ張るようにした方が肘が抜ける心配がなくなるので良いです。

 

 

 

このような記事も読まれています

・交通事故でのむち打ちは低気圧や台風が近づいたら症状が悪化する場合があります

・枕を変えようと思うのですが・・・

・腰痛やぎっくり腰を起こした直後はお酒等を控えた方が良いです

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和