MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > くしゃみで「ぎっくり腰」にならないための予防法

くしゃみで「ぎっくり腰」にならないための予防法

2016.01.17 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

こんにちは。宇都宮市にある柴﨑接骨院です。

センター試験が始まっていますが、毎年恒例のように今夜も雪が降りそうですね(汗)
寒い時だからこそ、筋肉は固くなりやすいので腰痛やぎっくり腰には注意してくださいね。

 

来院される患者さんから、くしゃみでぎっくり腰になりました。といって来られる患者さんがいます。そうなんです。意外にくしゃみの瞬間的な力は強く、そのようになりうることもあります。
しばしば腰痛の原因となりやすい第4、第5腰椎は曲げ伸ばしに関係する部分ですが、スムーズに大きく動けるように、構造的にはもろくなっています。

そもそもくしゃみの瞬間に急に腰を深く曲げるため、腰の負担が大きくなり腰痛の原因となります。
不意に出るといっても、出るまでに少しの時間はあります。

 

くしゃみが出ると分かったなら、
①椅子に座っている状態なら、両手を両膝につき、両肘は伸ばし、腰は一直線に伸ばした状態にする
②寝転がってる状態なら、うつ伏せになる

 

このような体勢であれば、急に腰を深く曲げる動作を回避でき、腰痛を防げます。
しっかり予防し、ぎっくり腰には気をつけてくださいね。

 

 

 

このような記事も読まれています

・交通事故後の治療は接骨院でも受けることができます

・矯正しても時間が経つと元に戻る場合

・ふくらはぎの筋肉を肉離れしている時にウォーキングすることは厳禁です

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和