MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ > 知らない間に骨盤の歪みが生じていることがあります

知らない間に骨盤の歪みが生じていることがあります

2017.10.18 | Category: 骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ

骨盤の歪みは知らず知らずのうちに生じていることがあります。普段何気なくとっている姿勢でも骨盤のゆがみは簡単に生じます。

「最近腰や臀部に違和感が出てきました」、「腰から足にかけて重さや痛みが出てきました」と話される方もおりますが、このような場合は骨盤のゆがみが原因となっている可能性があります。

椅子に座っている時に足を組んだり、または足首で交差させたり、横座り、立っているときに片足に重心をかけた姿勢でいるといったようなことでも骨盤はゆがみます。

 

骨盤のゆがみを放置しておくと、腰痛やぎっくり腰、腰から足にかけての重さや痛み、違和感、しびれ、骨盤周辺の重さや不快感など様々な症状が出る可能性が高くなります。

骨盤の歪みが生じたら、骨盤矯正の体操やストレッチを行う方は多いかと思いますが骨盤の関節面は他の関節と違ってすこし複雑です。

なので、少し運動や体操、ストレッチなどを行っても歪みが治らない場合が多いです。

 

歪みを放置しておくと上記のような様々な症状が、後々になってから出てくることがありますので、「少し歪んでいるかな?」、「腰周辺に違和感がある」、または先ほど書いたような姿勢をとることがあるといった場合は早めに治療院で適切な骨盤矯正を受けることをお勧めします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰や腰痛を起こして数週間が経過したら冷シップは貼らないほうが良いです

・朝起きてから背中に違和感があるんです

・肩を傷めた時、回したり動かした方がよいか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和