MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ > 首を左右に動かしたときの痛みがなかなか取れない場合は関節のゆがみがあることがあります

首を左右に動かしたときの痛みがなかなか取れない場合は関節のゆがみがあることがあります

2017.09.29 | Category: 骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ

長時間パソコンやスマホを操作したり、ちょっと振り返った時などに首に痛みが出ることはあるかと思います。

そのような筋違いや寝違えた症状などが出た場合、治療をすることによって徐々に回復していきます。

 

しかし、たまに症状が長引いて回復はしているのだけれど完全に治らない場合があります。

来院される患者さんでも、「首痛がでて治療をしていて、ずいぶん良くなったが完全には痛みが取れないのです」、または「首痛が出て安静にしたら徐々に楽になってきたのですが、左を向くときだけに痛みが残るんです」といって来られる方がいらっしゃいます。

 

そうなのです。治療をしていても痛みが残る場合があるのです。その場合は筋肉だけではなく関節の歪みが原因となっていることがあります。

筋違いや寝違えを起こした場合は、患部周辺の筋肉が患部を保護しようと緊張して硬くなっていきます。その硬くなった筋肉が骨を引っ張り関節に歪みが生じる場合があります。

 

この関節の歪みが生じると動きが悪くなるため、動かした時の関節痛が出てきます。その場合は関節を矯正することにより症状は回復していきます。

首痛がでて、症状がなかなか改善しない場合は矯正治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・膝痛がある時で負担が少ない寝る姿勢は?

・お孫さんを抱っこする際には腰痛やぎっくり腰に注意してくださいね

・捻挫や肉離れを起こした時、ストレッチはいつ頃から始めたらよいか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和