MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 捻挫や肉離れを起こした時、ストレッチはいつ頃から始めたらよいか?

捻挫や肉離れを起こした時、ストレッチはいつ頃から始めたらよいか?

2017.09.25 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

捻挫や肉離れは注意していても起こしてしまうことってありますよね。運動やスポーツ時ももちろん傷めやすいですが、日常生活でのちょっとした動作・・・拭き掃除や洗濯ものを干したり、階段を踏み外したときなどでも起こすことがあります。

 

捻挫や肉離れを起こしたら痛みが出るため、安静にしたり接骨院などの治療院で治療を受ける方は多いかと思います。また、早く症状を改善したいがためにインターネットで色々調べてこられる方も結構いらっしゃいます。

 

それで、来院される患者さんで「ネットで調べてストレッチを頑張って毎日行っているのですが症状が改善しないのです」、または「自分でストレッチをやってみたのですが、痛みが強くなりました」といって来られる方もたまにいらっしゃいます。

 

そうなのです。早く治そうとしてストレッチを行うかと思いますが、逆に症状を悪化させたり長引かせてしまうこともあります。

肉離れや捻挫などは組織が損傷して切れている状態です。ここにこの組織が修復されてないうちにストレッチを行ってしまうとかえって傷口を広げてしまうことになります。

 

ですので、早く治したくストレッチを行いたい気持ちも分かりますが、痛みが取れてから、または痛みがなくなり1wくらい経過してからの方が症状を悪化させたり長引かせたりする確率が減ります。

詳しくは治療を担当してくださっている先生に相談して行うことをお勧めします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・お孫さんを抱っこする際には腰痛やぎっくり腰に注意してくださいね

・「ローラーに乗りたいです」と患者さんから言われることがありますが・・・

・長時間床に座ると腰痛の原因になることがあります

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和