MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ > 尻もちをついた時は骨盤のゆがみが生じることもあります

尻もちをついた時は骨盤のゆがみが生じることもあります

2017.09.14 | Category: 骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ

骨盤のゆがみは普段の日常生活での不良姿勢でも生じますが、転倒して尻もちをついた時にも生じることがあります。

骨盤のゆがみは思っているより簡単に生じます。そして、一度ゆがみが生じると体操やストレッチをしてもなかなか元に戻らないのも特徴であります。

 

不良姿勢にしろ転倒して尻もちをついたにしろ、ゆがみを生じた直後はあまり違和感がないかもしれません。

 

しかし、数週間、数か月、数年と時間が経過するにつれ周辺の筋肉や関節にかかる負担は蓄積されていき、筋肉の違和感や重さ、炎症が起きて痛みなど腰痛、背部痛、鼠径部の痛み、足のしびれなど坐骨神経痛の症状が出たりもします。

 

症状が出てからでもしっかり治療を行えば回復はしていきますが、特に坐骨神経痛のような症状が出てきてしまった場合は治療にすこし時間がかかることが多いです。

どちらにしろ、症状が出てきてしまってからでは治療を必要とすることが多く、回復するまでにすこし時間がかかってしまうことが多いです。

 

ですので、腰や骨盤周辺に違和感を感じたり、すこしゆがみがあるような感じがしましたら早めに治療院で骨盤矯正の施術を受けることをお勧めします。

その方が骨盤のゆがみによる周辺の筋肉や関節にかかる負担が少なくなるため、上記のような症状の予防になります。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰が癖になっている方はしっかりと治療されることをおすすめします

・当接骨院では矯正治療に力入れております

・長時間床に座ると腰痛の原因になることがあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和