MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療、むち打ち > 交通事故後のむち打ちの治療は早めに開始されることをお勧めします

交通事故後のむち打ちの治療は早めに開始されることをお勧めします

2017.09.11 | Category: 交通事故治療、むち打ち

交通事故でのむち打ちは辛いですよね。事故は自分でいくら注意をしていても起こしてしまうことがあるかと思います。

交通事故の怪我の中でも多いのがこの「むち打ち」です。

 

症状は首から背中にかけての重さや痛み、頭痛、めまい、吐き気、手のしびれなど様々な症状が出ます。交通事故を起こしてすぐにこのような症状が出る場合もありますが、2,3日~1週間くらい経ってから出ることもありますので注意が必要です。

 

そして、このむち打ちですが治療すればすぐに治るかと思いきや、意外に回復が長引くことが多いです。

仕事などで帰りが遅く、なかなか通院できない場合は仕方がありませんが、治療を受けれる環境にある方はなるべく早めにしっかりとした治療を受けることをお勧めします。

 

治療が長引いて、症状が完全に回復する前に自賠責保険が打ち切りになり、症状が後々数年後まで残ってしまうといったようなケースはたまにあります。

自賠責保険を使った治療はある程度期間が限られています。

 

ですので、症状の程度が軽い重い限らずに交通事故でむち打ちになったら、早めに整形外科、または接骨院などの治療院で適切な治療を受けることをお勧めします。

治療は早めにしっかり受けた方が、その後の回復も断然違ってきます。

 

 

 

このような記事も読まれています

・長時間床に座ると腰痛の原因になることがあります

・ぎっくり腰が癖になっている方はしっかりと治療されることをおすすめします

・ぎっくり腰になった時は腰痛ベルトをした方が良いか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和