MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 気づかないうちに捻挫をしている場合もあります

気づかないうちに捻挫をしている場合もあります

2017.05.06 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

気づかないうちに捻挫をしている場合もあります。

こんにちは。栃木県宇都宮市にある柴﨑接骨院です。

捻挫というとバスケットやサッカーなどのスポーツで負傷するイメージがあるかもしれません。

 

しかし、日常生活の些細な動作でも簡単に負傷します。何気ない階段の上がり下り、いつもより少し長めに歩いた時、布団を干そうとした時など別に関節を捻ったわけではないのに捻挫を起こしている場合があります。

 

何かした覚えはないのに足首や手首、肩などの関節に痛み、または腫れや違和感があるといった場合は、もしかしたらそれは捻挫をしているかもしれません。

そのような場合にストレッチやマッサージなどをしてしまうと、症状を悪化させてしまう原因となります。

 

放っておけば良いのかというとそうではなく、放って置くと症状が長引いたり、しっかり治らないため癖になったりするケースもあります。ですので、自己判断はせずに上記のような症状がある場合は早めに接骨院や整骨院などの治療院で適切な治療を受けることが、改善への近道となります。

 

また、そのような捻挫をする場合は関節や筋肉の柔軟性が低下している場合が多いです。したがって、日頃から体操やストレッチなどを行い柔軟性を高めることによって少しでも予防できると思います。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和