MENU TEL

産後の腰痛には骨盤矯正を

2017.05.02 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛,骨盤矯正、矯正治療、ゆがみ

産後の腰痛には骨盤矯正を。

こんにちは。栃木県宇都宮市の柴﨑接骨院です。

 

出産後は腰痛を起こしやすいです。

出産後は赤ちゃんを抱っこしたり、授乳、オムツの取り替え、お風呂に入れたりと腰に負担がかかることが多くなるため腰痛を起こしやすくなります。

 

その原因の一つとして骨盤の歪みがあります。

出産時は約3kgくらいある赤ちゃんを体外に出すことになります。その時、ホルモンの関係で筋肉や関節は緩み骨盤は最大限に開きます。

 

その後、約1ヶ月くらいは筋肉や関節が緩んだ状態になります。

それに加えて産後は授乳時など横座りの姿勢になりやすかったり、赤ちゃんを抱っこする時間が長いため片側に重心をかけてる時間が長かったりと骨盤のゆがみが生じやすくなります。

 

骨盤の歪みを放って置くと、腰痛や坐骨神経痛、鼠径部の痛み、臀部の違和感などの原因にもなりかねませんので、しっかりとした骨盤矯正を受けることをお勧めします。

産後はどうしても赤ちゃん中心の生活になってしまい、自分の体のメンテナンスは後回しになりがちです。

 

しかし、腰痛などの症状が出てきてしまうと長い時間抱っこを出来なかったり、お風呂を入れたり、またオムツ交換する時などと子育てに支障が出てきてしまいます。

 

ですので、骨盤に歪みがありそうな感じがしましたら我慢をせずに早めに治療院等で骨盤矯正の施術を受けることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎腰痛のページはこちらです

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和