MENU TEL

Blog記事一覧 > ブログ > 「先生は腰痛になったりしないんですか?」・・・

「先生は腰痛になったりしないんですか?」・・・

2020.08.26 | Category: ブログ

「先生は腰痛になったりしないんですか?」と、患者さんからたまに質問されます。

こういう職業柄、あんまり怪我をしにくいイメージがあるみたいです。しかし、実際には全然そんなことはなく、しっかり怪我はします(汗)

腰痛にもなりますし、ぎっくり腰にもなります。施術をする姿勢が中腰だったりするもので、腰は比較的傷めやすいですかね・・・。

 

続けて「ぎっくり腰になった時はどうされるのですか?」と質問されますが、もちろんそれは得意分野なので、自分でしっかり治します。」と答えます。

治療機械や材料は揃っていますので、あれこれと、どれが一番効果があるのかなといった具合に、半分実験みたいな感じでしょうか^^;

 

でも、自分を治療することで、ずいぶん色々なことが分かってきます。期待してなかった方法で施術してみたら思いのほか効果が出たりといった感じで。

また、起き上がる時の姿勢や座っている時はどんな感じの痛みなのか、どういう風に角度を変えると痛みが和らぐのかといった感じで、かえって貴重な経験だったりもします。

 

傷めて間もない時はもちろん痛みはありますが、仕事中に痛いような顔は出来ないので、我慢して外には出さないようにしたりしていますが、それを患者さんに話すと、「全然傷めてるのが分かりませんでした・・・」とビックリされたりします。

数か月前に坐骨神経痛になった時は、我慢しているのも結構辛い時もありましたが・・・。と、色々ありますが、それはそれで良い経験になっています。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

咳やくしゃみでもぎっくり腰になることがあります

足底筋膜炎はサポーターをした方がよいか?

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和