MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > パソコンを使うことが多くなったせいか、指や肘を傷める方が増えています

パソコンを使うことが多くなったせいか、指や肘を傷める方が増えています

2020.06.12 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

近年はパソコンやスマートフォンを使う事がめっきり多くなりました。

先月や先々月なんかは特に緊急事態宣言が発令されていたので、特に都心などではテレワークに移行する企業もずいぶん増えたみたいです。

 

緊急事態宣言が解除されて、会社勤務に戻すところもあるようですがテレワークがやってみたら意外に便利だったということで継続したり、また人との接触を減らすためにも継続するといったところもあるようです。

なので、通勤する時間が無くなった分、余計にキーボードやマウスを使う時間が長くなっているかもしれません。

 

来院される患者さんで「キーボードを打っていたら指の付け根が痛くなりました」、または「パソコンを使う機会が多くなったかどうかわかりませんが、肘の痛みが取れません」といって来られる患者さんが増えてきました。

今はどんどんデジタルに置き換えられていっているので、パソコンの業務量が増えるのは仕方がありません。使い過ぎて負担が蓄積していくと筋肉や腱は損傷します。

 

使い過ぎて手が疲れたなと思ったら、お風呂で良くマッサージしたり、ストレッチしてあげて柔軟性を高めてあげると予防になります。

それでも痛みが出てきたならば、少し負担を減らして様子をみて、痛みが引かないようなら早めに接骨院などで適切な施術を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

咳やくしゃみでもぎっくり腰になることがあります

微弱電流やハイボルテージ、超音波などの治療器も使い分けています

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和