MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > ぎっくり腰は治りかけの治療も大切になってきます

ぎっくり腰は治りかけの治療も大切になってきます

2017.12.09 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

朝晩の気温がかなり下がってきました。今日の宇都宮市も氷点下になりました。こう寒くなってくると筋肉や関節など、体も硬くなりがちです。なのでぎっくり腰や腰痛を起こしやすくなります。

ぎっくり腰や腰痛は、顔を洗うときやくしゃみをした時、何か床にあるものを拾おうとした場合など普段の日常生活のちょっと動作でも起こしてしまうことがあります。

ぎっくり腰や腰痛は辛いですよね。痛みが出始めたら治療に通う方は多いかと思います。しかし、少し症状が良くなったら途中で治療をやめてしまう方も中にはいらっしゃいます。

そして、再度症状が悪化したり完全に痛みが取れなくて来院される方もおります。

来院される患者さんで「最初治療を受けて少し楽になったので通院をやめて様子をみていたのですが、痛みが完全に治らないです」、または「治療をしてすこし楽になったので、通院をやめて普通に仕事をしていたら痛みが強くなってきました」といって再度通院される方もいらっしゃいます。

 

ぎっくり腰は傷めた直後の治療も大事ですが、治りかけの治療も大切になってきます。

傷めた直後は炎症を速やかに引かせるための治療を中心に行いますが、炎症が引いたら今度は硬く緊張した筋肉を緩めたり関節の動きを良くしたりといった治療にシフトしていきます。

ですので、傷めた直後はもちろん、治りかけの治療も大切です。また、症状を中途半端に残して再発する可能性も出てきますので、腰痛やぎっくり腰を起こしたらしっかり回復するまで適切な治療を受けることをおすすめします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰を起こしたら腰痛ベルトや骨盤ベルトを使用することをお勧めします

・寝違えた時はどのような姿勢で寝るのが良いか?

・筋違えや腰痛などの症状を早く治すためにも、お風呂のお湯に浸かることをお勧めします

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和