MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > ぎっくり腰は過度に安静にするよりある程度は動いていた方が回復は早いです

ぎっくり腰は過度に安静にするよりある程度は動いていた方が回復は早いです

2017.12.01 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

私も経験はありますが、ぎっくり腰は辛いですよね。痛みが軽い場合もありますが、比較的強いことが多く日常生活でも色々な面で支障が出る場合が多いですよね。

痛みが強いせいか仕事も休んで自宅でじっと安静にされて回復を待つ方も多いかと思います。ただ、ぎっくり腰の場合は安静にしすぎるとかえって回復が遅くなる場合があります。

安静にして体に負担をかけないことは大切なのですが、痛みのため患部周辺の筋肉の緊張はそれなりに強くなる場合が多いです。そうなると血流が悪くなり、損傷した組織に栄養が届きにくくなります。

なので、もちろん無理に動いたり痛みを我慢して動くことは良くありませんが、痛みが出ない範囲での日常生活の動作でしたらそれなりに動いた方がかえって患部周辺の血流も改善されるため回復もすこし早くなります。

 

大切なことは「痛みが出ない範囲」で「無理のなく」という2点です。しかし、それだけだと回復する力は弱いので、接骨院などの治療院で施術を受けて患部の炎症を早く引かせたり周辺の筋肉を緩めることによってより一層回復は早くなります。

安静にしていても痛みは少しずつ引いてくるのですが、もとの痛みが強いためそれに比例して筋肉の緊張も強くなるため回復する効率が悪いです。ですので、ぎっくり腰を起こしたら我慢せずに早めに治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

このような記事も読まれています

・急に寒くなったせいか肉離れの患者さんが増えています

・交通事故でのむち打ちはしっかり治療すれば、後々まで症状が残りにくくなります

・ぎっくり腰を起こしたら腰痛ベルトや骨盤ベルトを使用することをお勧めします

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和