MENU TEL

Blog記事一覧 > 交通事故治療・むち打ち > 交通事故でのむち打ちはしっかり治療すれば、後々まで症状が残りにくくなります

交通事故でのむち打ちはしっかり治療すれば、後々まで症状が残りにくくなります

2017.11.17 | Category: 交通事故治療・むち打ち

交通事故でのむち打ちで辛い思いをされている方は結構いらっしゃるかと思います。むち打ちは症状の程度の大小に関係なく回復に時間がかかることが多いです。

来院される患者さんで「むち打ちは毎年梅雨の時期になると痛みがでるようなことを聞いたのですが・・・」、または「知り合いでむち打ちになった方がいて、数年経っても痛みが残っているみたいなのですが・・・」と少し心配そうに聞いてこられる方がいらっしゃいます。

むち打ちの症状は回復に時間がかかることが多いのですが、治らないわけではありません。事故直後の症状が強い方でもしっかりと適切な治療をすれば後々まで症状が残らず回復する方が多いです。

 

症状が数年後まで続いてしまう場合は、仕事の関係などで時間がなかなかとれず治療があまりできない場合などにそのような可能性がでてきます。

日常生活やスポーツをしているときに起こるような捻挫や肉離れ、ぎっくり腰などの症状とは違い、むち打ちはどうしても回復に時間がかかることが多いです。

ですので、仕事なら仕方がありませんが時間が作れるようならなるべく治療を受けてしっかり治すことをお勧めします。その方が回復は早まりますし、後々まで症状が残る可能性が少なくなります。

また、交通事故でのむち打ちの治療は病院や整形外科だけでなく接骨院でも受けることができます。なので通いやすいところでしっかりと治療を受けた方が、効果もでますし負担も減るかと思います。

 

 

 

このような記事も読まれています

・長年に渡り頭痛が治らない場合

・ぎっくり腰を起こしたら腰痛ベルトや骨盤ベルトを使用することをお勧めします

・交通事故でのむち打ちは数日が経過してから痛みが出ることがあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和