MENU TEL

Blog記事一覧 > 肩こり・頭痛・五十肩・肩の痛み > 長年に渡り頭痛が治らない場合

長年に渡り頭痛が治らない場合

2017.11.14 | Category: 肩こり・頭痛・五十肩・肩の痛み

頭痛で悩んでいらっしゃる方は多いですよね。頭痛が始まるとその日はもう憂鬱で何もしたくなくなりますよね。

頭痛の中でも多いのが緊張型頭痛で、全体の7~8割を占めると言われています。肩が凝って起こるものもありますが、寝違えや筋違いを起こして二次的に起こるものもあります。

頭痛と一言でいっても、後頭部や側頭部、こめかみや目の奥など色々な場所に痛みが出ることがあります。病院でX線やMRIを撮っても異常がみられない場合は、たいていこの緊張型の頭痛であることが多いです。

 

しっかりと治療をしていけば比較的回復は早い症状でもあります。長年に渡り頭痛が続いていたり、なかなか治らなかったりする場合は何か回復を阻害している原因があります。

普段の日常生活で気をつけた方が良い点としては、

 

①お風呂はシャワーで済まさずにお湯に肩まで浸かるようにする

②スマホや読み物、書き物をするときは、テーブルや机に本やスマホを立ててなるべく頭を下に向けないようにする

③日頃からのウォーキングや体操、ストレッチなど適度な運動を心掛ける

 

などのことを意識するだけでも、ずいぶんと予防になります。

頭痛の症状が出てしまった場合は、これらのことだけだと物足りないので治療院で適切な施術を受けることをお勧めします。

長年なかなか治らなかった症状でも、治療をすることにより改善していく方は多いです。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ぎっくり腰を起こしたら腰痛ベルトや骨盤ベルトを使用することをお勧めします

・寝違えた時はどのような姿勢で寝るのが良いか?

・筋違えや腰痛などの症状を早く治すためにも、お風呂のお湯に浸かることをお勧めします

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和