MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害・捻挫・肉離れ・膝痛 > 膝痛の治りかけの時、スポーツでの再負傷には注意してくださいね

膝痛の治りかけの時、スポーツでの再負傷には注意してくださいね

2017.08.17 | Category: スポーツ障害・捻挫・肉離れ・膝痛

膝痛は関節周辺の筋肉などの損傷の場合は比較的回復が早いことが多いのですが、関節自体を損傷した場合は回復に時間がかかることもあります。スポーツなど日頃から運動をしていた方は、膝痛になるとスポーツや運動などを休まざるを得なくなり、精神的に辛い思いをされる方が多いようです。

 

そういった方はを我慢して休んでいたせいか、その反動で痛みがなくなるか軽減したらすぐに運動を再開される方もいらっしゃいます。それで症状が悪化、または再負傷して再度来院される患者さんもおります。

 

痛みがなくなると症状が治ったと感覚的には思いがちですが、「痛みがなくなる=治る」ではありません。「損傷した組織が回復する=治る」です。

 

損傷した組織がある程度回復すると痛みはなくなります。痛みがなくなっていても損傷した組織が完全に回復しているわけではありませんので、触ってみると腫れや緊張がすこし残っていたり関節を曲げた時の可動域が完全に戻っていなかったりします。

 

ですので、膝痛になったら接骨院などの治療院で適切な治療をして、スポーツや運動を再開しても良い時期、またはどの程度の負荷ならかけても良いかなど担当してくださっている先生に相談されることをお勧めします。

そうすることによって、症状が悪化したり再負傷する可能性は低くなると思います。

 

 

 

このような記事も読まれています

・ 膝痛で正座ができない場合

・膝痛にグルコサミンは効果があるのか?

・長時間パソコン作業をしていて、姿勢を変えるときに筋肉を傷めることがあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和