MENU TEL

Blog記事一覧 > 接骨院・整骨院 > 冷湿布を長く貼る方がいらっしゃいますが・・・

冷湿布を長く貼る方がいらっしゃいますが・・・

2018.06.04 | Category: 接骨院・整骨院

足を捻って捻挫をしたり、寝違えて首を傷めたりぎっくり腰などで腰に強い痛みが出た時などには冷湿布を貼る方も多いかと思います。

傷めてすぐやあまり日にちが経過してない時には冷湿布を貼って良いのですが、来院される患者さんでたまに数週間にわたって貼り続けている方もいらっしゃいます。

初診時に話を聞いてみると、「痛みがなかなか引かないので冷湿布を貼り続けていました」、または「冷湿布を貼ると楽になるような感じがしたので、ずっと貼っていました」と話される方もおります。

傷めて間もない時や、あまり日にちが経過してない時は痛みを抑えるために効果がありますが、これが数週間、数か月経過しても貼り続けているとかえって治りが遅くなる可能性があります。最初のうちは患部に炎症が起きているため冷やすことによって効果がでますが、数週間経過して炎症が治まっているのに貼っていると冷やして血流が悪くなるためどうしても回復が遅くなりがちです。

 

炎症や痛みの度合いや症状によっても異なりますので、分からない場合は接骨院などの治療院で担当の先生に相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・仕事の内容が変わると腰痛や膝痛、手の痛みなどが新たに出てくる場合があります

・交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

・当院は予約制ではありませんので、ご都合の良い時間帯に来院ください

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和