MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > ぎっくり腰を起こした当日はお風呂は控えた方が無難です

ぎっくり腰を起こした当日はお風呂は控えた方が無難です

2017.10.03 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

ぎっくり腰は前触れもなく突然起こることが多いですよね。辛い思いをされている方も結構いらっしゃるのではないかと思います。かがんで床にあるものを拾おうとした時、顔を洗おうとした時やくしゃみなど、日常生活でのほんの些細な動作で起こすことがあります。

 

来院される患者さんでも「トイレから立ち上がろうとしたときに急に強い痛みが出てきました」、または「靴下をはこうとしたときにピキっとなりました」といったような、ほんの些細な動作で傷めて来られる方が多いです。

 

ぎっくり腰は、突然起こりますがそれまでに腰部周辺の筋肉に何かしらの負荷をかけ続け、筋肉が硬く緊張して柔軟性がなくなっている場合や骨盤や関節のゆがみがある場合に起こりやすいです。

もしぎっくり腰を起こしてしまった場合は、冷シップがあれば傷めたところに貼り、腰痛ベルトや骨盤ベルトがあれば使用して安静にすることです。

 

そして、なるべく早めに接骨院などの治療院で適切な治療を受けることをお勧めします。

また、お風呂ですがたとえ痛みが軽い場合でも、傷めた当日はお湯に浸からずシャワーで済ました方が無難です。

 

ぎっくり腰は筋肉や関節を損傷して炎症を起こしている状態ですので、お風呂などで温めてしまうとかえって痛みなどの症状が強くなる場合があります。

ですので、痛みが強い場合は2日くらいはシャワーで済ませ、痛みが軽い場合でも当日くらいはシャワーで済ませた方が症状が悪化する可能性が少なくなります。

 

 

 

このような記事も読まれています

・むち打ちでは様々な症状がでます

・ぎっくり腰は繰り返す場合があります

・長時間車を運転していると腰痛を起こすことがあります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和