MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛 > 膝痛がある時で負担が少ない寝る姿勢は?

膝痛がある時で負担が少ない寝る姿勢は?

2017.09.22 | Category: スポーツ障害、捻挫・肉離れ・膝痛

膝痛で悩んでいる方は多いかと思います。バスケットやサッカー、テニスなど動きの激しいスポーツでももちろん負傷することは多いですが、日常生活でのちょっとした動作でも傷めることがあります。

しゃがんで拭き掃除をしたり、階段の上がり下り、犬の散歩などといったような動作でも膝痛を起こすことがあります。

 

10代、20代の若い方は代謝も活発なので傷めにくいですが、30代以降になってくると普段から体を動かしている方は別として、徐々に筋肉や関節の柔軟性は減ってくるので、膝痛を起こしやすくなります。

 

膝痛を起こしたら、日常生活で少しでも負担を減らすことが大切になってきます。

しゃがんだり、正座や長座の姿勢といったように傷めてる側の膝を完全に曲げたり伸ばしたりといったような姿勢は膝に負担がかかりますので避けた方が良いです。椅子に座った時などの中途半端に曲げた角度が膝にとっては負担が少ないです。

 

寝るときの姿勢はどんな姿勢が負担が少ないかと言いますと、やはり適度に曲げた角度が良いので、仰向けで寝るとしたなら膝の下に座布団やバスタオルの丸めたものを入れたりして、膝がすこし曲がる角度を保てるようにすると負担が少なくなります。

 

左右どちらか横を向いて寝る場合は、必然的に膝が曲がりますので負担はあまりありません。

膝痛があり、寝るときの姿勢で気になっている方がいらっしゃいましたら参考にしてみてくださいね。

 

 

 

このような記事も読まれています

・尻もちをついた時は骨盤のゆがみが生じることもあります

・交通事故後のむち打ちの治療は早めに開始されることをお勧めします

・左右の足を交互に組みます

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和