MENU TEL

五十肩の治療

2016.10.29 | Category: 首・肩の痛み、頭痛、五十肩

こんにちは。宇都宮市の柴﨑接骨院です。

中年以降の年代の方に発症しやすい五十肩。なったことがある方は分かると思いますが、辛いですよね。

 

安静にしていても痛みがあるし、頭を洗う動作、背中に手を回す動きなど、基本的にどの動きでも痛みが生じます。

その上、夜中に痛みで目が覚めるし、治るまでに時間がかかることが多いです。

 

五十肩は拘縮といいますが徐々に関節、またはその周辺の軟部組織が硬くなり可動域が狭くなります。

関節が硬くなり肩が動かなくなるから動かした方がいいよなどと、周りの人に言われたりするかもしれません。

しかし、五十肩には動かした方が良い時期と動かさない方が良い時期があります。

 

初期の痛みが強い炎症期に、肩の運動をすることは厳禁です。良くなるどころか、炎症が強くなり悪化し治りが遅くなります。

肩の運動を始める時期は炎症が治まり、ある程度関節が固まってからでも遅くはありません。治療をすれば可動域はしっかり回復します。

 

大切なのは肩の運動を始める時期を間違えないことです。

また、五十肩になって放っておいても徐々に炎症は治まってきますが、治療をしたときに比べて時間がかかる上に、そのあとの拘縮も強く出ます。

 

もし、肩に痛みを感じて五十肩かもしれないと思ったら、我慢せずに早めに治療をすることをおすすめします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和