MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 枕が合わないのでしょうか?

枕が合わないのでしょうか?

2016.10.15 | Category: 未分類

こんにちは。宇都宮市の柴﨑接骨院です。

首に痛みがある患者さんからたまに「枕が合わないのでしょうか?」と質問されることがあります。

私が考えるには、枕の高さは高すぎず低すぎずに、低反発や高反発でもなく、また中央に穴が空いていたりもせず普通に販売されているものだとそんなに問題はないと思います。

 

朝、目が覚めて横になっていると首に痛みが出たりする方は、枕が合わないというよりは頸椎の可動域に問題があることが多いです。

 

首に痛みや違和感がなく、頚椎の可動域が正常な方は枕の高さが少しくらい高かったり低かったりしても痛みは出ることはありません。

 

首周辺の筋肉を傷めていたり緊張が強かった場合や、頚椎にゆがみがある場合は頚椎の可動域が狭くなります。

この可動域が狭いがために、横になった時の首にかかる負担に耐えきれず痛みが生じるのです。

 

特に傷めてから長い時間が経過したものに関しては、筋肉の緊張や頚椎のゆがみがより強くなるため可動域は狭くなりがちです。

 

それなので、現在使用している枕を変えるより、頚部の損傷している筋肉を治療する・筋肉の緊張を緩める・頚椎のゆがみを矯正するといった治療を行い、可動域を改善していったほうが根本的な改善が見込め、横になって寝ていても首の痛みは感じなくなると思います。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和