MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 柔軟性を高めるストレッチをするためには

柔軟性を高めるストレッチをするためには

2016.10.11 | Category: 未分類

こんにちは。宇都宮市の柴﨑接骨院です。

運動を始める前や疲れた時、または怪我の予防、柔軟性を高めるためにストレッチをすると思います。

一言に「ストレッチ」といっても目的によってやり方は変わります。

 

運動を始める前の準備体操の一貫としてのストレッチは、筋温を高めて怪我を予防することが目的なので1箇所にそんなに時間をかけなくても大丈夫です。

1箇所につき5~10秒もすれば十分でしょう。

 

それに対し、柔軟性を高めるためのストレッチは同じような感じで行ってしまうと効果は不十分です。

柔軟性を高めるためのストレッチは、1箇所につき40秒~1分くらいは必要だと考えています。

それも、筋肉に対してしっかり伸ばして感覚としても「それなりに突っ張る」から「かなり突っ張る感じがする」くらいの強度がベストだと思います。

 

「すこし突っ張る感じがする」くらいの強度だと、柔軟性を高めるためのストレッチとしては効果は少ないと思います。

また、1日何度も行わなくても1回でも良いので、可能なら毎日行うと効果が出やすいと思います。

 

毎日続けることは大変だと思いますが、筋肉の柔軟性を高めたい方、可動域を広げたい方は参考にしてみてくださいね。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和