MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 暖房器具を出したりして腰痛を起こす患者さんが増えています

暖房器具を出したりして腰痛を起こす患者さんが増えています

2019.11.07 | Category: 未分類

今日は少し緩やかでしたが、最近は朝晩の気温がだいぶ下がってきました。それに伴い、石油ストーブやファンヒーター、こたつなどを出して暖まる方は多いかと思います。

 

しかし、それらの暖房器具やこたつ布団などはそこそこ重さがあり、ちょっとした重労働でもありますよね。ここのところ当院にもそのような暖房器具を出したり、こたつの準備をしている時に腰を傷めて来院される患者さんが増えています。

普段はあまりしない動作なのでやっぱり体に負担はかかります。特に気温は下がってきていて体は硬くなるので、なおさら傷めやすいです。

 

腰痛も傷めるのは一瞬ですが、完全に治るのには少し日数がかかります。軽くストレッチなどをして少し体を緩めてから行うなど、予防をしておいた方が無難です。

それでも腰痛を起こしてしまった場合は、我慢をしていると長引くのでなるべく早めに治療をすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

手や指のしびれがなかなか治らない場合

当院は予約制ではありませんので、ご都合の良い時間帯にお越しください

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和