MENU TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 小さいお子さんの手を引っ張った場合・・・

小さいお子さんの手を引っ張った場合・・・

2019.06.20 | Category: 未分類

さすがに梅雨の時期だけあってはっきりしない天気が続いています。天気が安定しないので腰痛や頭痛、膝痛、坐骨神経痛などの症状が悪化したと言って来院される患者さんが増えています。

天気に左右されるということは、まだその症状が完全に治っていない場合が多いです。そのような症状がありましたら我慢せずにお早めにご相談ください。

 

今日も薄っすらと日差しは出ていますが雷注意報が出ています。昨日の夜もそこそこ大きな雷が鳴って、雨も強かったですね~。最近は夜に雨が降る傾向がありますね。ちょうど私の帰宅する時間にぶつかるのですが・・・(汗)雨男ではないはずなのですが^^;

 

さて、たまに小さなお子さんの手を引っ張ったり、子供さんが寝返りした時に肘が抜けましたと言って来院される患者さんがおります。

肘内障といって肘が外れることを言います。関節の組織がまだ未発達な生後~から小学生の高学年蔵のお子さんに多いです。しっかりと整復すればすぐに手を使えるようになります。

肘内障の症状にも対応しておりますので、遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

部活動による怪我に対しても早く痛みを軽減させることを念頭に置いています

椅子に座る時には背もたれを使った方が腰痛の予防になります

接骨院や整骨院でも交通事故での治療を受けることができるのですか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和