MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > 庭いじりをして腰痛が出ることがあります

庭いじりをして腰痛が出ることがあります

2017.10.26 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

今日は晴れて良い天気なので、このような日には庭の草むしりや植木の手入れなど庭いじりをされる方も結構いらっしゃるかと思います。

この庭いじりは意外にも負担が大きく、腰痛が出る場合もそれなりにあります。

草むしりや植木の手入れなどはしゃがんだり中腰の姿勢で行うことも多いかと思います。また、一度始めると時間を忘れてまで集中してしまったり、色々なところに目がいったりして思っていた以上にやることが増えてしまったりしてしまうこともあるかと思います。

そうなると、腰にかかる負担は徐々に蓄積していき腰痛やぎっくり腰の原因になります。

 

少しでもこの腰痛やぎっくり腰を予防するためには、日ごろから体操やストレッチを行い体の柔軟性を高めたり、ウォーキングなどの有酸素運動で適度に筋力をつけていたりすると少し減らせるかと思います。

また、普段から腰痛もちの方は庭いじりをする前に、腰痛ベルトや骨盤ベルトで腰を保護することにより負担は軽減されます。

いつも以上に長い時間行ってしまった場合は、その夜に少し長めにお風呂のお湯に浸かり血液循環を良くして、十分な睡眠を確保することが理想です。

 

予防はあくまで予防なので、これらを行っても腰痛やぎっくり腰になってしまった場合は我慢せずに早めに接骨院などの治療院で適切な施術を受けることをお勧めします。その方が放置するより断然回復は早まります。

 

 

 

このような記事も読まれています

寝違えた時はどのような姿勢で寝るのが良いか?

・知らない間に骨盤の歪みが生じていることがあります

・肩を傷めた時、負担の少ない服の脱ぎ着の仕方があります

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和