MENU TEL

Blog記事一覧 > スポーツ障害・捻挫・肉離れ・膝痛 > 捻挫したところがなかなか治らない場合

捻挫したところがなかなか治らない場合

2017.08.16 | Category: スポーツ障害・捻挫・肉離れ・膝痛

少し手をついたり、足を踏み外したりしても捻挫をしてしまうことはありますよね。

十代くらいの若い年代の方や捻挫の程度が軽い場合は、放って置いても痛みがなくなる場合があります。

 

しかし、逆に捻挫でもなかなか治らない場合があります。人間には自然治癒力が備わっているため、徐々に回復していっても良いのですが、これが治らないということは何か回復を阻害している原因があることが考えられます。

 

年齢が上がるにつれ徐々に回復力は遅くなりますので、この年齢も一つの原因です。その他に、

 

①症状の回復を妨げるようなストレッチやマッサージを自分で行っている

②冷え性の方で手や足の捻挫の場合は末梢の血流が悪いため回復が遅くなります

③仕事などで常々患部に負担がかかっている

④捻挫した関節の歪みが残っている

⑤治療を受けずに放置している

 

ざっと書いてみましたが、これは捻挫がなかなか治らない場合の原因の一部です。他にも考えられる原因はあります。また、捻挫して放って置いた場合、後々癖になる場合があります。

ですので、捻挫をしたら早めに接骨院などの治療院で適切な治療を受けることをおすすめします。

 

それで、治療を担当してくださっている先生に、自分でストレッチやマッサージはどこまでやって良いかなど日常生活上でのケアや、仕事での負担のかけ方、かばい方など相談されることによって、なかなか治らなかった捻挫の症状も回復するものと思います。

 

 

 

このような記事も読まれています

・足のつり・こむら返りの予防法

・足首の捻挫をした時は横向きに寝たほうが負担が少ないです

・膝痛にグルコサミンは効果があるのか?

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和