MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛 > ぎっくり腰に冷湿布は効果がある?

ぎっくり腰に冷湿布は効果がある?

2018.09.19 | Category: ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛

ぎっくり腰は症状の程度が強いものから軽いものまで様々ですが、比較的強いことが多いですよね。

痛みが強いため動けず、数日の間は自宅で寝込んでいるという話しもたまに耳にすることがあります。

来院される患者さんで「冷湿布を貼っていたのですが、貼っていて良かったのでしょうか?」、または「冷湿布を使うと効果がありますか?」といったような質問を受けることがあります。

基本的に冷湿布には炎症を抑える成分や痛みを緩和する成分が入っているので、効果はあります。

 

しかし、ぎっくり腰のような症状になってきますと炎症や痛みの程度が比較的強いことが多いため、効果をあまり実感できない方もいらっしゃるかもしれません。

ぎっくり腰を起こして冷湿布を貼って安静にしていても、周辺の筋肉は患部をかばうため筋肉の緊張が強く起こります。こうなってくると血液の循環も悪くなってきますので回復が長引きやすくなります。

 

ですので、ぎっくり腰を起こしたら冷湿布を貼って安静にするだけでなく、早めに接骨院などの治療院で適切な治療を受けることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

このような記事も読まれています

・首から肩にかけて違和感が出てきた場合

・ぎっくり腰になりそうな感じがした場合

・交通事故後の治療で通院するのが大変な場合など転院することは可能です

 

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和