MENU TEL

Blog記事一覧 > 骨盤矯正・矯正治療、ゆがみ > 尻もちをついて骨盤にゆがみがでることもあります

尻もちをついて骨盤にゆがみがでることもあります

2017.07.07 | Category: 骨盤矯正・矯正治療、ゆがみ

骨盤のゆがみというと、足を組んだり横座りをしたりと悪い姿勢をしたときに生じると思っている方が多いと思います。

そのような不良姿勢ではもちろんゆがみを生じますが、転んだ時など尻もちをついた時にも骨盤のゆがみを生じることがあります。

 

尻もちをついた直後は打ち身の痛みで、それが治まれば何も感じないような気がするかもしれませんが、あとあと時間が経過してから坐骨神経痛の症状が出てきたり腰痛が出てきて、いつもはすぐに治るのになかなか治らなかったりといったような症状がある場合は、それは骨盤のゆがみが原因となっている可能性もあります。

 

骨盤に歪みが生じると、骨盤や股関節、またその周辺についている筋肉を引っ張り続けることになり負担がかかります。また、腰の前後屈など関節の連続的な動きがスムーズに行われなくなり、結果として腰痛やぎっくり腰が起きる原因となることがあります。

 

骨盤の歪みはなかなか自分では分かりづらいものです。

ですので、尻もちをついた時や前に尻もちをついてその後、腰痛や坐骨神経痛が出てなかなか治らない場合は骨盤の歪みも考えられますので、治療院でしっかりと骨盤矯正の施術を受けることをおすすめします。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和