MENU TEL

Blog記事一覧 > ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛 > 椎間板ヘルニアで治療をしていて良くならない場合は、原因が他にあるかもしれません

椎間板ヘルニアで治療をしていて良くならない場合は、原因が他にあるかもしれません

2017.05.18 | Category: ぎっくり腰、腰痛、坐骨神経痛

物を取ろうとかがんだ際にピキっとなり腰に痛みが出てきたり、部屋の片づけなどをしていてどちらかの足に坐骨神経痛のような症状が出た場合で、病院などの医療機関で椎間板ヘルニアと診断され治療を受けているのになかなか良くならないときもありますよね。

 

その場合は、もしかしたら椎間板ヘルニアが原因ではなく他に原因があるかもしれません。

X線やMRIではヘルニアと診断されるかもしれませんが、上記のように物を取ろうとかがんだ時や片づけをしていた時などと傷めた原因がはっきりしている場合は、ぎっくり腰や筋肉などの軟部組織を損傷したことによって痛みなどの症状が出ている場合もあります。

 

その時は筋肉などの損傷した軟部組織をしっかりと治療することによって症状は改善していきます。

腰痛はいろいろな原因があり、また症状も様々です。治療するポイントがすこしでもずれると中々治らなくなってしまうものでもあります。

 

また、普段の日常生活で過ごしている姿勢や動作による負担で症状が長引いてる場合もあります。

ですが、逆に言えば症状に合わせた適切な治療を行い、その上で日常生活での姿勢や動作に気を付け腰にかかる負担を減らしていけば改善していく腰痛は多いです。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和