MENU TEL

Blog記事一覧 > 首・肩の痛み、頭痛、五十肩 > 肩の痛みで上腕二頭筋長頭腱炎は意外に多いです

肩の痛みで上腕二頭筋長頭腱炎は意外に多いです

2017.04.05 | Category: 首・肩の痛み、頭痛、五十肩

肩の痛みで上腕二頭筋長頭腱炎は意外に多いです。

こんにちは。宇都宮市弥生町にある柴﨑接骨院です。

洗濯物を干したりT シャツやセーターの脱ぎ着、ズボンをはく時、野球などスポーツでボールを投げる時などに肩に痛みがある場合、それはもしかしたら上腕二頭筋長頭腱炎かもしれません。

 

上腕二頭筋長頭腱炎の症状は、肩を前に上げたり後ろに上げたりする時や洗濯物を干す動作、ズボンをはく動作などで肩の前面に痛みがでます。

症状が強くなると、腫れや安静時に痛み、また夜寝ている時に痛みが出ることもあります。

 

肩の痛みで来院される患者さんの施術にあたっていると、意外に多いのがこの症状です。

肩に痛みが出始めたからといって肩の体操やストレッチなどをされる方もいらっしゃいますが、かえって症状が強くなったり長引いたりする原因となりますので自己判断は禁物です。

 

放置しておくと回復するまでに時間がかかる症状でありますが、適切な治療を行い日常生活での負担を軽減すれば比較的早く治る症状でもあります。

 

当接骨院ではその症状の時期や程度に応じた手技、また治療機器を選択し、それに加えて日常生活での注意点をお伝えしていきます。そうすることによって症状の早期の回復が見込めます。

肩の痛みでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

柴﨑接骨院

所在地〒320-0837 栃木県宇都宮市弥生1-6-7
最寄り駅東武宇都宮線・南宇都宮駅から徒歩6分、JR線・鶴田駅からは徒歩17分
バスでお越しの方は「文化会館前」バス停より徒歩4分
駐車場4台(他、近隣にあり)
予約不要
電話番号028-636-1254
休診日日曜・祝日
院長柴﨑 豊和